Castle

A castle is a defensive structure seen as one of the main symbols of the Middle Ages. The term has a history of scholarly debate surrounding its exact meaning, but it is usually regarded as being distinct from the general terms fort or fortress in that it describes a residence of a monarch or noble and commands a specific defensive territory.

Roman forts and hill forts were the main antecedents of castles in Europe, which emerged in the 9th century in Carolingian France. The advent of cannon and gunpowder changed the needs of warfare in Europe, limiting the effectiveness of the castle and leading to the rise of the fort.

Similar constructions in Russia (Kremlin) and feudal Japan (Shiro) are also considered castles.

Castle comes from the Latin word castellum. This is a diminutive of the word castrum, which means "fortified place". The word "castle" (Castell) was introduced into English shortly before the Norman Conquest to denote this type of fortress, then new to England, brought in by the Norman knights. In Spain, a fortified dwelling on a height for the administering authority retains its Moorish name of alcazar, whilst shiro also figure prominently in Japanese history, where the feudal daimy? inhabited them.

A French castle is a Chateau-Fort, for in French a simple chateau connotes a grand country house at the heart of an estate, with non-military, purely residential function. When European castles were opened up and expanded into pleasure dwellings and power houses from the late 15th century, their "castle" designations, relics of the feudal age, often remained attached to the dwelling, resulting in many non-military castles and chateaux.

In Germany there are two names for what would be called a castle in English, Burg (Burh) and Schloss. A Burg is a medieval structure of military significance, while a Schloss was built after the Middle Ages as a palace and not for defensive purposes. However, these are not usually palaces in the French style, but instead are styled on medieval mountain castles and fairytale notions, and from all appearances are often castles to an English speaker.

In Celtic countries, Caer or castell (Welsh), dun and caislean (Irish), dun and caisteal (Scots Gaelic) are used.

In spite of the generally accepted definition, the word "castle" is sometimes used to mean a citadel (such as the castles of Badajoz and Burgos) or small detached forts d'arret in modern times and, traditionally, in Britain it has also been used to refer to prehistoric earthworks (e.g. Maiden Castle). The use of the Spanish equivalent castillo can be equally misleading, as it can refer to true castles and forts (eg. Castillo de San Marcos); terms such as Fortaleza ("fortress") are in similar situations.

A castle was not only a bastion and place for detention of prisoners but also a social place where a knight or lord could entertain his peers. Over time the aesthetics of the design increased in importance, as the appearance and size began to reflect the prestige and power of the occupant.

The earliest recorded structures universally acknowledged by historians as 'castles' were built in the late 9th century, and included wood, earth and stone structures.[1] Roman fortifications, or, when possible or needed, other edifices, were often turned into castles or similar structures during the early Middle Ages. A famous example is that of the Hadrian's Mausoleum in Rome, which is known to have been used as a fortress as early as 537, during the Gothic War.[2] Other late Antiquity-early Medieval castles survive in Brescia and Trento in Italy.

Construction of new castles in Europe is attested from the Carolingian era, but their construction seems to have been related mainly to the defence of frontiers and state properties, and the right to fortify was a royal privilege. As early as 864, Charles the Bald issued an edict ordering the destruction of private fortifications erected without his permission. However, changes took place from the late 9th century, probably under the pressure of raids by the Vikings, Muslims or Saracens, and Magyars, and due to the general decline of the Carolingian Empire, and the consequent loss of centralized authority, which resulted in a proliferation of castles.[1] There was also frequent fortification of cities, monasteries, ports and rural settlements in this period. In 906, a deacon in Verona asked Berengar I of Italy for permission to build a castle in Nogara "due to the heathens ravages"

As the Carolingian Empire broke up into duchies and counties, factions struggling for power created a military infrastructure, to protect their rights, their domains, and their followers. It is within this historical context that feudalism began to emerge. The early castle formed an integral part of feudalism: it provided a residence for the lord; provided protection for his followers as guaranteed by their feudal oaths of loyalty and allegiance, while the garrison of the castle was made up of the lord's followers, as per their feudal obligations. Many examples of defensive programs as part of feudalism exist. In the 10th century for example, in the Loire Valley, Fulk Nerra embarked on a massive castle-building program to control his county of Anjou, and neighbouring Touraine. In Normandy at around the same time, a military state emerged with a dense network of castles and feudal allegiances. Similar arrangements with regards to defensive and holding of territory also occurred in other parts of Europe around this time.[citation needed].

Castles were introduced to the British Isles around the early 11th century, by Norman-French followers of King Edward the Confessor.[1] When William the Conqueror executed the Norman Conquest of England, he brought with him the practice of building a castle to protect and hold the land, by then quite familiar on the mainland of Western Europe


城(しろ)とは、敵に攻め込まれた際の防衛拠点として設けられた構造物。戦闘拠点であるとともに、食糧や武器や資金の集積場所でもある。主要な城は指揮官の居所であり、政治や情報の拠点であった。純粋防衛用として山地に建築されることも多いが、街道や河川などの交通の要衝を抑え利用することも多い。城郭ともいう。

ヨーロッパ、中国などの大陸では、都市を囲む城壁と砦のような武士の戦闘拠点とを区別し、ドイツ語では Stadtmauer と Burg、英語では city wall と castle として区別する。城という文字は中国では前者の城壁都市を意味していたが、日本においては城壁都市が普及しなかったこともあり、主に後者の意味で使用される。

一般的には城には次の機能がある。

防衛機能

不意の攻撃や戦力に劣る場合、籠城する。

支配の拠点

領地支配の象徴としたり、敵地への支配地拡大の前線基地とする。

君主の住居

通常の領主の生活の場であり、住民達の拠点でもある。

日本では、古代の環濠集落から近世の石垣と天守の城まで多様である。幕末の台場や砲台も、城に含めることがある。曲輪(くるわ) のある陣は“城”といえるだろう。造営は、堀や土塁を築く普請(ふしん、土木工事)と、門や塀を造る作事(さくじ、建築)からなる。屋敷や櫓・天守も作事に含まれる。

中世の日本では、主に戦闘員である武士がいた。大名などの居城では、その家族も内部に住み、日常の世話をする女性もいた。大きな城郭では、周囲の町も取り込んだ外郭を築くこともあった。日本最大の城は江戸城である。近世の1615年に一国一城令が発布されるまでは、城は各地に多数存在し、砦のような小さなものも含めると数万城あったといわれる。中世・近世に、平地に築かれた館や館造りの陣屋等は城には含まないものの城郭構の陣屋や館、少しでも城に近づけて造られたものは、城とすることがある。

弥生時代の日本には、集落に濠をめぐらせた環濠集落や山などの高いところにつくられた要塞集落である高地性集落が数多く存在したが、政治的統一が進むにつれて衰退した。

城の文献上の初見は、664年に天智天皇が築いた水城(みずき)で、この時代には文献に見えないものも含め多数の城が九州北部から瀬戸内海沿岸に作られた。また、蝦夷(えみし)との戦争が続いた東北地方では、7世紀から9世紀にかけて多賀城や出羽柵・秋田城などの軍事拠点と行政拠点を兼ねた城柵が築かれた。

これらの城は、中国風の城壁都市の概念から来るものであり、国府として用いられたが、城壁建築技術が低かったため、柵などを築くことで代用している。これらの城は律令制が崩れると共に廃れ始め、武士の時代に築かれ始めたものが戦闘拠点としての狭義の城である。

中世の日本では、武士の平時の居住地への防護と、戦時に険阻な山に拠る際の防護と、2つの必要から城が発達した。

戦国時代初期まで「城」と呼ばれるものは圧倒的に後者の山城が多かった。領主の居城では、外敵に攻められた際、領主は要塞堅固の山城へこもり防御拠点とした。この場合の山城は麓の根小屋に対して、詰めの城と呼ばれた。

前者の領主が平時に起居する館は、麓に建てられた。地域によって「根小屋」「館(やかた/たち/たて)」「屋形(やかた)」などと呼ばれ、周囲に堀を巡らし、門に櫓を配置するなど、実質的に城としての機能を備えていた。周囲には、家来の屋敷や農町民の町並み(原始的な城下町)ができた。

戦国時代中期から城の数は飛躍的に増大し、平地に臨む丘陵に築いた平山城(ひらやまじろ)や平地そのものに築いた平城(ひらじろ)が主流となり、防御には優れるが政治的支配の拠点としては不向きであった山城は数が減っていく。

また、この時期の特徴としては「村の城」とも呼ばれる施設が全国的に造られたことも挙げることができる。これは戦乱が日常化したため、地域の住民が戦乱発生時の避難施設として設けたもので、時には領主への抵抗運動や近隣集落との抗争時に立て籠もる軍事施設としても機能した。これらの施設は山頂に平場を作事するなど純粋な軍事施設の「城」に比べると簡素な造りで狭小であることが多い。

現在の城のイメージの中心となる石垣、天守や櫓などの形式は、室町末期以降、特に松永久秀が多聞山城や信貴山城を築城した前後や織田信長が安土城を築城した前後の時代に発生したと考えられている[2]。その後豊臣秀吉により大坂城や伏見城などが築かれ、天守に石垣、枡形や馬出しを備えた城門といった一般的イメージでの「城」が完成し、日本の城郭文化は栄華を極めた。この形式の城郭を歴史学上、織豊系城郭と呼ぶ。織豊系城郭は全国的に作られたわけではなく、その名称のように織田信長、豊臣秀吉麾下の諸大名が主に建設した。東北や関東、四国、九州の戦国大名達は各地の実情にあわせた城郭を築いている。豊臣、徳川政権は各地の大名に天下普請として自己の城郭建設を積極的に請け負わせた。このことにより、織豊系城郭の手法が広まり、一部取り入れた折衷型城郭に移行したりしている。また、地方に配置された譜代大名が純粋な織豊系城郭を建設する例も多く見られる。

江戸時代になり、一国一城令が発令されたため、原則一大名家に付き一城を残し多くの城は破却された。破却された城の多くは、中世的な山城であった。各大名は近世的な支配秩序を確立するために、積極的に家臣達の城を破却し、己の城下に集住させた。城は軍事拠点との意味付けより、政治の拠点、領主の権威と権力の象徴、地域のランドマークとしての意味が強くなる。さらに、家臣たちを集住させ、領国の経済拠点として商工人も集住させ、近世的な城下町が成立する。現在、城下町と呼ばれているところの多くが慶長年間に成立しているのも、この流れによるものである。近世城郭の多くも慶長年間に建設された。しかし、城や天守などが火災などで焼失することが多かったが、多くの藩は次第に財政難に陥ったり、武家諸法度などの幕府による締め付けもあって再建が許された例は数少ない。 ところで、江戸時代に存在した陣屋と呼ばれる施設や、幕末に外国船への対策として日本各地に築かれた台場や砲台も城の一種である。また、大砲戦に対応した西洋式築城の影響を受けて、五稜郭など稜堡式要塞の影響を受けて築城された城もいくつか存在するが、五稜郭以外は、工期・予算を大幅に短縮又は圧縮されてとても実戦に耐えうるものではないもの、廃藩置県により工事が中止になったものがほとんどである。

wiki

  • Yahoo!JAPAN・・・日本最大ポータルサイト
  • Google・・・検索エンジン世界最大
  • ベルーナのことの様々な情報を掲載しています。

    このサイトはFXプライムのサイトが満載でした。

    サスティのサイトです。関連する情報をお持ちの方は必見。

    こちらのサイトはコラーゲン比較ならです。

    こちらの商品のことはヤジキタのサイト情報サイトです。

    いま人気の利尻ヘアカラートリートメントについてについて。必見です!

    茶のしずくならについて判りやすく解説されています。

    ベルーナについてへどうぞ。

    充実したDHCについて

    人気があるポリピュアに強いサイトはこちらです。

    ミネラルファンデーションについての情報お役立てください!

    ビーグレンのサイトここ

    紹介されています。トクーのことならこちら

    フェブリナの情報が充実の情報が充実しています。

    ベルーナについておすすめされています。

    自転車あさひの情報が満載のサイトどうぞ!

    よかせっけんの情報なら、こちらを見れば間違いないですよ。

    お探しの茶のしずくについてです。

    よく話題になるのが、ベルーナの情報サイトです。

    ビタナリッシュクリームのいい情報こちらでしょう。

    プラセンタ100について分かりやすく解説しています。

    情報を提供中です。マウスコンピューターの情報

    みんなのFX関連サイト気になる方は要チェックです!

    こちらが、大和ハウジングの関連サイトのサイトです!

    ベルーナの関連サイトがいいらしいよ

    様々な情報を掲載しています。皇潤はこちらから

    関連する銀座カラーの情報がいっぱいです。

    引越し見積もり。関連サイトについて必見のサイトを紹介します。とてもわかりやすく紹介されています。

    クリーニングのことならビーグレンはこのサイトです。

    よくあるのが、ベルーナの情報ですです。

    楽天GORAの情報が満載のサイト必見サイトです。

    口コミでうわさになっていたのが、神戸クリニック情報はココです。

    トクーのおすすめのサイトが人気です。

    要チェック!エレクトーレの情報が充実したサイトのサイトです。